独学MOS

数式のオプション

数式のオプションとは

数式のオプションには数式が計算されるタイミングを制御するブックの計算設定と、循環参照時の処理を決定する反復演算に関する設定があります。どちらもあまり目立たない設定ですが重要ではあるのでここで動作をきちんと確認しておいてください。

数式オプションの表示

数式のオプション画面を表示するには以下の手順を行います。

  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「オプション」をクリック
  3. 「数式」をクリック
  4. 数式全般に関するオプション画面が表示される

このオプション画面で数式が計算されるタイミングと循環参照時の反復演算に関する設定が行えます。

ブックの計算

ブックの計算に関する設定は以下の通りです。

自動
数式が入力された時点ですべての数式が再計算されます。関数などを大量に使用しているブックでは処理が重くなる可能性があることに注意してください。
データテーブル以外自動
データテーブル以外のセルは数式が入力された時点で再計算されます。データテーブル内の数式はF9キーを押すことで再計算させることができます。
手動
数式の再計算を自動的に行いません。この設定で再計算を行うにはF9キーを押します。大量の関数が使用されたブックなどで役立つ設定です。また、オプションでブックの保存と同時に再計算させることも可能です。

反復演算

反復演算に関する設定は以下の通りです。

最大反復回数
反復計算を繰り返す最大の回数です。
変化の最大値
一回の反復演算で変化する計算結果の最大値です。反復計算の結果、変化した数値がここで設定された数値以下であれば処理を停止します。