独学MOS

FIND関数

説明

=FIND(検索文字列,対象,開始位置)

検索文字列が対象の文字列の中に何文字目に現れるかを返します。

パラメータ

検索文字列
検索したい文字列を指定します。
対象
検索文字列を含む文字列を指定します。
開始位置(省略可能)
何文字目から検索を開始するか指定します。省略した場合は「1」を指定したものとして扱われます。

使用例

文字列を検索します。結果は「5」になります。

=FIND("eあ","abcdeあいうえおabcdeあいうえお")

10文字目から文字列を検索します。結果は「15」になります。

=FIND("eあ","abcdeあいうえおabcdeあいうえお",10)