独学MOS

RANK.EQ関数

説明

=RANK.EQ(数値,範囲,順序)

数値で指定された値が範囲で指定されたセル範囲内の何番目に存在するかを求めます。順序を省略するか「0」を指定すると降順、順序に「1」を指定すると昇順にソートされて位置が判定されます。

パラメータ

数値
範囲で指定されるセル範囲内で探したい値を指定します。
範囲
値を探し出したいセル範囲を指定します。
順序(省略可能)
省略するか「0」を指定すると範囲で指定されたセル範囲を降順でソートします。「1」が指定されると範囲で指定されたセル範囲を昇順でソートします。

使用例

以下の表は「成績」がセル「A1」に位置するとします。

成績
10
15
15
20
50
30
30
40

成績が「30」の場合、上から何番目かを求める式は以下の通りです。結果は「3」になります。同じ順位が複数存在する場合は最上位の順位が返されることに注意してください。

=RANK.EQ(30,A2:A9)

成績が「15」の場合、下から何番目かを求める式は以下の通りです。結果は「2」になります。同じ順位が複数存在する場合は最上位の順位が返されることに注意してください。

=RANK.EQ(15,A2:A9,1)