独学MOS

SUMPRODUCT関数

説明

=SUMPRODUCT(配列,…)

配列で指定されたセル範囲どうしを掛け算して、その結果の合計を計算します。

パラメータ

配列
計算対象となるセル範囲を指定します。
…(省略可能)
計算対象となるセル範囲を指定します。最大255個まで指定可能です。

使用例

以下の表は「単価」がセル「A1」に位置するとします。

単価 数量
10 10
10 10
10 10

単価の合計を計算する式は以下の通りです。結果は「30」になります。

=SUMPRODUCT(A2:A4)

単価×数量の合計を計算する式は以下の通りです。結果は「300」になります。

=SUMPRODUCT(A2:A4,B2:B4)