独学MOS

ピボットグラフの利用

ピボットグラフとは

ピボットテーブルをもとにして作成されるグラフのことをピボットグラフといいます。通常のテーブルのように編集できることに加えて、ピボットテーブルと同様にフィールドの入れ替えなどの操作を行うことが可能です。

ピボットグラフのもとになるピボットテーブルの作成

ピボットグラフのもとになるピボットテーブルは例として以下の表を使用します。(「受注日」がセル「A1」にあるものとします)

受注日 顧客名 商品名 単価 数量 受注金額
2012/1/1 山田一郎 ミカン 100 10 1000
2012/1/5 山田三郎 ブドウ 120 1 120
2012/1/12 山田二郎 ミカン 100 90 9000
2012/1/20 山田二郎 リンゴ 150 50 7500
2012/2/1 山田一郎 リンゴ 150 5 750
2012/3/1 山田一郎 ブドウ 120 8 960
2012/3/3 山田三郎 ミカン 100 10 1000
2012/3/15 山田二郎 メロン 200 10 2000
2012/4/1 山田一郎 バナナ 90 9 810
2012/4/2 山田三郎 バナナ 90 80 7200
2012/4/4 山田二郎 バナナ 90 1 90
2012/5/1 山田一郎 メロン 200 3 600
2012/5/6 山田三郎 バナナ 90 100 9000
2012/5/10 山田三郎 メロン 200 1 200
2012/5/28 山田二郎 リンゴ 150 100 15000

ピボットグラフの作成

ピボットグラフを作成するには以下の手順を行います。

  1. 列ラベルに「商品名」、行ラベルに「顧客名」、値に「受注金額」を設定したピボットテーブルを作成
  2. ピボットテーブル内のセルにカーソルを移動
  3. 「オプション」タブのツールグループにある「ピボットグラフ」をクリック
  4. グラフの挿入ダイアログでグラフの種類を選択して「OK」ボタンをクリック
  5. ピボットグラフが表示される

フィールドの追加、変更、削除

ピボットグラフのフィールドはもとになったピボットテーブルと連動しています。よってピボットグラフのフィールドを追加、変更、削除すると、ピボットテーブルも同時に変化します。フィールドの追加、変更、削除の仕方はピボットテーブルと同様、フィールドリストから「レポートフィルタボックス」「凡例フィールド」「軸フィールド」「値」のそれぞれのボックスに項目をドラッグ&ドロップすることで行います。

スライサーの利用

ピボットグラフもピボットテーブルと同様にスライサーによる絞り込みが行えます。スライサーを使った絞り込みは以下の手順で行います。

  1. 凡例フィールドに「商品名」、軸フィールドに「顧客名」、値に「受注金額」を設定したピボットグラフを作成
  2. ピボットグラフを選択
  3. 「分析」タブにあるデータグループの「スライサー」をクリック
  4. スライサーの挿入ダイアログで絞り込みたい項目を選択して「OK」ボタンをクリック
  5. スライサーが表示される

ここで作成されたスライサーはピボットグラフと、そのもとになっているピボットテーブルの両方を同時に操作できます。