独学MOS

MOS(Microsoft Office Specialist)資格について

MOS(Microsoft Office Specialist / マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とはマイクロソフト・オフィス製品に含まれるアプリケーションの利用スキルを客観的に判断するための資格であり世界的に通じる国際資格です。資格の学習を通してオフィス製品に対する理解を深めることで、就職や転職時の効果的なアピールや、効率的な業務の遂行に役立てることができます。

資格内容

MOSの資格はOfficeのアプリケーション単位で独立しており、Word、Excel、PowerPoint、Accessといった形でそれぞれに資格が存在します。中でもWordとExcelはSpecialist(初級)とExpert(上級)というように資格が二つに分かれています。

資格は一つずつ受験してとっていくことができ、Word Expert、Excel Expert、PowerPoint、Accessの資格をすべてそろえると「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター」という称号がもらえます。この称号をとると認定証が発行され、オフィス製品に対する深い知識を証明することができます。

試験内容

MOSの試験はすべて実技試験で試験問題に沿ってOffice製品を操作して試験を行います。試験中はヘルプを見たりWEBで調べ物をしたりすることはできず、すべての問題を実力で解かなければなりません。試験問題はMOS資格の公式サイトに記載されている範囲から出題され、問題文とOfficeの画面が一つになった専用の環境で解答を行っていきます。

難易度

難易度は問題によってかなりばらつきがあります。試験勉強をしていなくても問題文を見れば何をすればよいのかわかる程度の問題が出題されることもあれば、問題文をよく読んでも何をすればよいのかわかりにくい問題もあります。全体的には試験範囲の機能をしっかりと理解していれば正解できるレベルの問題がほとんどですので、事前の準備がしっかりできていればそれほど苦労せずに合格することができるでしょう。