独学MOS

図形の操作

図形の操作とは

スライドには写真などの図や、円や四角などの図形を挿入することができます。これらの要素を組み合わせることで表現の豊かなプレゼンテーションを作成することができます。

図形の挿入

スライド上に図形を挿入するには以下の手順を行います。

  1. 「挿入」タブの「図形」をクリック
  2. 挿入したい図形を選択
  3. スライド上の図形を配置したい場所をドラッグ&ドロップすると図形が挿入される

画像などのファイルを図として挿入する場合は以下の手順を行います。

  1. 「挿入」タブの「図」をクリック
  2. 図の挿入ダイアログで挿入する画像を選択して「挿入」ボタンをクリック
  3. スライド上に図が挿入される

図形のサイズ変更

図形のサイズを変更するには以下の手順を行います。

  1. サイズを変更したいオブジェクトを選択
  2. 「書式」タブのサイズグループの数値を変更
  3. 図形のサイズが変更される

ファイルから挿入した図のサイズも同様の手順で変更できます。また、図はもとのサイズを基準として相対的な拡大と縮小が可能です。図の拡大・縮小は以下の手順で行います。

  1. サイズを変更したいオブジェクトを選択
  2. 「書式」タブの「図形の書式設定」をクリック
  3. 図形の書式設定ダイアログで「サイズ」をクリック
  4. 高さと幅を指定して「閉じる」ボタンをクリック
  5. 図のサイズが変更される

図形の書式設定ダイアログではサイズのほかに図の明るさやコントラスト、色彩といった設定が変更可能です。

図形の配置

図形などのオブジェクトは後から挿入したものが前面に表示されます。図形の表示順は以下の手順で自由に変更することが可能です。

  1. 順序を変更したいオブジェクトを選択
  2. 「書式」タブの配置グループで「最背面へ移動」をクリック
  3. 図形の表示順が変更される

図形だけに限らず、ファイルから挿入された図やテキストボックスも同様の手順で順序を入れ替えることができます。

グリッドとガイドの利用

グリッドとはスライド上に任意の等間隔で表示される点線です。グリッドに合わせて図形などのオブジェクトを配置する設定にしておくと、複数の図形を配置する際に位置を揃えやすくなります。グリッドを利用するには以下の手順を行います。

  1. 「ホーム」タブの「配置」から「グリッドの設定」をクリック
  2. グリッドとガイドダイアログで「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」と「グリッドを表示」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリック
  3. グリッドが表示される

ガイドとはスライドを4分割にする線のことです。グリッドと合わせてオブジェクトの配置をそろえる際に使用します。ガイドの表示はグリッドとガイドダイアグラムの「ガイドを表示」にチェックを入れると表示されます。グリッドとガイドはいずれも配置をサポートするための機能であるためスライドショーや印刷の内容には表示されません。

ハイパーリンクの設定

オブジェクトやテキストにハイパーリンクを設定しておくと、クリックしたときにリンク先に移動することができます。パイパーリンクを設定するには以下の手順を行います。

  1. ハイパーリンクを設定するオブジェクトまたはテキストを選択
  2. 「挿入」タブの「ハイパーリンク」をクリック
  3. ハイパーリンクの挿入ダイアログでリンク先に「このドキュメント内」を選択
  4. ドキュメント内の場所一覧からリンク先となるスライドを選択して「OK」ボタンをクリック
  5. ハイパーリンクが設定される

スライドショーを開始してハイパーリンクが設定された個所をクリックするとリンク先へ移動することができます。