独学MOS

画像の操作

画像の操作とは

図や背景として使用される画像は色の彩度や明るさを変更したり、トリミングを行ったりすることが可能です。これらの操作を行うことで画像をより効果的に利用することができます。

画像の色を調整

挿入された図の色を調整するには以下の手順を行います。

  1. 色を調整する図を選択
  2. 「書式」タブの「色」をクリック
  3. 適用する色を選択
  4. 選択した色が適用される

「書式」タブの「色」をクリックして表示される一覧から選択する以外に自分で数値を指定して色を調整したい場合は「図の色のオプション」をクリックして図の書式設定ダイアログを使用します。

画像の修整

図に対して明るさやコントラスト、シャープネスなどの修整は以下の手順で行います。

  1. 修整を行う図を選択
  2. 「書式」タブの「修整」をクリック
  3. 適用する修整を選択
  4. 選択した修整が適用される

色の調整と同様、自分で数値を指定して画像を修正したい場合は「図の修整オプション」から図の書式設定ダイアログを開きます。

画像にアート効果の適用

図に対してアート効果を適用すると、元の画像を鉛筆でスケッチしたような見た目にしたり水彩画のような絵に変換することができます。アート効果の追加は以下の手順で行います。

  1. アート効果を適用する図を選択
  2. 「書式」タブの「アート効果」をクリック
  3. 適用するアート効果を選択
  4. 選択したアート効果が適用される

アート効果にはそれぞれ独自のオプション設定が存在します。アート効果のオプション設定を変更するには「アート効果のオプション」から図の書式設定を開きます。

図の背景を削除

図の背景の削除を利用すると自動的に画像の背景部分を識別して削除することが可能です。背景の削除は以下の手順で行います。

  1. 背景を削除する図を選択
  2. 「書式」タブの「背景の削除」をクリック
  3. 「変更を保持」をクリック
  4. 背景が削除される

「変更を保持」をクリックする前に「保持する領域としてマーク」と「削除する領域としてマーク」機能を利用することで自動的に設定された削除範囲を修正することも可能です。

図のトリミング

図の不要な部分をトリミングするには以下の手順を行います。

  1. トリミングする図を選択
  2. 「書式」タブの「トリミング」をクリック
  3. トリミングする範囲を調整
  4. 図がトリミングされる

トリミングする範囲の調整は基本的に画像の外側から内側に向かって行いますが、図形の形に画像をトリミングすることも可能です。図形に合わせたトリミングは以下の手順で行います。

  1. トリミングする図を選択
  2. 「書式」タブの「トリミング」をクリック
  3. 「図形に合わせてトリミング」から図形を選択
  4. 図が図形に合わせてトリミングされる

図の圧縮

図を多用したプレゼンテーションはファイルサイズが大きくなりがちですが、トリミングされて見えない部分などを削除したり、解像度を調節したりすることで、ファイルサイズを圧縮することができます。図の圧縮は以下の手順で行います。

  1. 圧縮する図を選択
  2. 「書式」タブの「図の圧縮」をクリック
  3. 画像の圧縮ダイアログでオプションを設定して「OK」ボタンをクリック
  4. 図が圧縮される

図のリセット

図には色の調整やサイズの超背などの設定が可能ですが、それらの設定は一度にリセットして元の状態に戻すことができます。図をリセットするには以下の手順を行います。

  1. リセットする図を選択
  2. 「書式」タブの「図のリセット」をクリック
  3. 図に設定されている書式がリセットされる

サイズに関する設定をリセットするには「図とサイズのリセット」をクリックします。

図の変更

図に設定されている書式はそのままの状態でほかの図に差し替えることができます。図の変更は以下の手順で行います。

  1. 変更する図を選択
  2. 「書式」タブの「図の変更」をクリック
  3. 図の挿入ダイアログでファイルを選択して「挿入」ボタンをクリック
  4. 図が変更される