独学MOS

スライドの操作

スライドの操作とは

一つのプレゼンテーションは複数のスライドから構成されています。プレゼンテーションにスライドを追加したり削除したりする操作や、スライドの向きやサイズを変更したりする操作はPowerPointを使う上で必須の知識です。

Word文書のアウトラインからスライドを挿入

あらかじめWordでアウトラインを設定した文書を作成しておき、それをスライドとして取り込むことができます。まず、以下の手順に従ってアウトラインを設定したWord文書を作成します。

  1. Wordを開き、1行目に「大見出し1」と入力して「見出し1」のスタイルを適用
  2. 2行目に「中見出し1」と入力して「見出し2」のスタイルを適用
  3. 3行目に「小見出し1」と入力して「見出し3」のスタイルを適用
  4. 4行目に「大見出し2」と入力して「見出し1」のスタイルを適用
  5. 5行目に「中見出し2」と入力して「見出し2」のスタイルを適用
  6. 6行目に「小見出し2」と入力して「見出し3」のスタイルを適用

以上の手順で作成した文書を「アウトラインサンプル」という名前で任意のフォルダに保存しておきます。次にPowerPointを開き、以下の手順で作成したWord文書を挿入します。

  1. 「ホーム」タブの「新しいスライド」をクリック
  2. 「アウトラインからスライド」をクリック
  3. アウトラインの挿入ダイアログでファイルを選択して「挿入」ボタンをクリック
  4. 選択した文書のアウトライン構成に応じたスライドが挿入される

既存のプレゼンテーションからスライドを挿入

すでに作成されているプレゼンテーションのスライドを新規作成したプレゼンテーションに挿入するには以下の手順を行います。

  1. 「ホーム」タブの「新しいスライド」をクリック
  2. 「スライドの再利用」をクリック
  3. スライドの再利用ウィンドウの「参照」ボタンをクリック
  4. 「ファイルの参照」をクリック
  5. 参照ダイアログでファイルを選択して「開く」ボタンをクリック
  6. スライドの再利用ウィンドウの一覧から挿入するスライドをクリック
  7. クリックしたスライドが現在のプレゼンテーションに挿入される

スライドの複製

プレゼンテーション内にある既存のスライドを複製して新しくスライドを作成するには以下の手順を行います。

  1. 複製するスライドを選択
  2. 「ホーム」タブの「新しいスライド」をクリック
  3. 「選択したスライドの複製」をクリック
  4. スライドが複製される

スライドの削除

スライドの削除は対象のスライドを選択して「Delete」キーを押すことで行えます。また、「Ctrl」キーを押しながらスライドを選択することで、複数のスライドを同時に選択して削除することも可能です。

スライドの非表示

非表示スライドに設定にされたスライドはスライドショーを行うときに表示されなくなります。非表示スライドを設定するには以下の手順を行います。

  1. 非表示にするスライドを選択
  2. 「スライドショー」タブの「非表示スライドに設定」をクリック
  3. スライドが非表示に設定される

スライドの向きを変更する

プレゼンテーションで使用するスライドの向きを設定するには以下の手順を行います。

  1. 「デザイン」タブの「スライドの向き」をクリック
  2. 「縦」または「横」をクリック
  3. スライドの向きが変更される

スライドのサイズを変更する

プレゼンテーションで使用するスライドのサイズを設定するには以下の手順を行います。

  1. 「デザイン」タブの「ページ設定」をクリック
  2. ページ設定ダイアログで「スライドのサイズ指定」を変更して「OK」ボタンをクリック
  3. スライドのサイズが変更される