独学MOS

画面切り替え効果の設定

画面切り替え効果の設定とは

画面切り替え効果とはスライドショーで次のスライドに移る際にアニメーションさせながらスライドを移動する効果のことです。スライドが次へ進んだことを認識しやすくなるため、スライドショーを見ている人が混乱することを防ぐことができます。

画面切り替え効果の適用

画面切り替え効果を適用するには以下の手順を行います。

  1. 画面切り替え効果を適用するスライドを選択
  2. 「画面切り替え」タブの「その他」をクリック
  3. 適用する画面切り替え効果を選択
  4. 選択した画面切り替え効果が適用される

一度適用した画面切り替え効果を解除するには「画面切り替え」タブの「その他」から「なし」を選択します。現在選択している画面切り替え効果をすべてのスライドに適用するには「画面切り替え」タブの「すべてに適用」をクリックします。

画面切り替え効果のオプション設定

画面切り替え効果のオプションを設定するには以下の手順を行います。

  1. 画面切り替え効果のオプションを設定するスライドを選択
  2. 「画面切り替え」タブの「効果のオプション」をクリック
  3. 設定するオプションを選択
  4. 選択したオプションが設定される

サウンドの設定

画面切り替え効果に合わせてサウンドを鳴らすには以下の手順を行います。

  1. サウンドを設定するスライドを選択
  2. 「画面切り替え」タブの「サウンド」で効果音を選択
  3. 選択した効果音がサウンドとして設定される

画面切り替えのタイミングの設定

画面切り替えのタイミングを設定するには以下の手順を行います。

  1. 画面切り替えのタイミングを設定するスライドを選択
  2. 「画面切り替え」タブの「画面切り替えのタイミング」でタイミングを選択
  3. 選択したタイミングで画面が切り替わるように設定される

画面切り替えのタイミングには「クリック時」と「自動的に切り替え」がありますが両方のチェックを外すことも可能です。その場合はキーボード操作で画面を切り替えることができます。