独学MOS

マクロの利用

マクロとは

マクロとは一連の操作を記録し、記録した捜査を一括して行う機能です。カーソルの移動や文字の入力など、すべての操作を記録することができます。

マクロの記録と実行

マクロを記録するには以下の手順を行います。

  1. 「開発」タブをクリック
  2. コードグループの「マクロの記録」をクリック
  3. マクロの記録ダイアログで「OK」ボタンをクリック
  4. 記録したい操作を実行
  5. コードグループの「記録終了」をクリック

これで任意の操作がマクロとして記録されました。記録したマクロを実行するには以下の手順を行います。

  1. コードグループの「マクロ」をクリック
  2. マクロダイアログで実行するマクロを選択して「実行」をクリック
  3. マクロが実行される

マクロの保存

通常の文書としてファイルを保存した場合、マクロは保存されません。マクロを保存するには「Wordマクロ有効文書」としてファイルを保存する必要があります。手順は以下の通りです。

  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「名前を付けて保存」をクリック
  3. 名前を付けて保存ダイアログでファイルの種類に「Wordマクロ有効文書」を選択して「保存」ボタンをクリック

マクロの自動実行

文書を開いたとき、あるいは閉じたときにマクロを自動的に実行するには、マクロに特別な名前を付けます。「AutoOpen」という名前のマクロは文書が開かれたときに自動的に実行され、「AutoClose」という名前のマクロは文書が閉じられるときに自動的に実行されます。

クイックアクセスツールバーへのマクロ登録

通常のマクロ実行方法のほかにもクイックアクセスツールバーにマクロを登録して実行する方法があります。クイックアクセスツールバーにマクロを登録するには以下の手順を行います。

  1. 「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリック
  2. 「その他コマンド」をクリック
  3. Wordのオプションダイアログでコマンド選択に「マクロ」を選択し、表示された一覧の登録したいマクロを選択して「追加」ボタンをクリック
  4. 「OK」ボタンをクリック
  5. クイックアクセスツールバーにマクロ実行用のボタンが表示される

クイックアクセスツールバーに登録されたボタンをクリックするとマクロが実行されます。追加されたボタンを削除したい場合はWordのオプションダイアログから追加したボタンを選択して「削除」ボタンをクリックすれば削除することができます。

コマンドボタンへのマクロ登録

リボンやクイックツールバーからマクロを実行する以外にも文書内にコマンドボタンを配置してマクロを実行することができます。コマンドボタンにマクロを登録するには以下の手順を行います。

  1. 「開発」タブをクリック
  2. コントロールグループの「以前のバージョンのツール」をクリック
  3. 「コマンドボタン」をクリック
  4. 文書に追加されたコマンドボタンをダブルクリック
  5. コマンドボタンの処理にマクロを呼び出すコードを記述

これでコマンドボタンからマクロを呼び出すことができるようになりました。「開発」タブのコントロールグループにある「デザインモード」をクリックして通常の編集モードにした状態でコマンドボタンをクリックすると、記述したコードが実行されます。