独学MOS

文書の保護

文書の保護とは

Wordでは文書に設定された書式を変更できないように保護したり、パスワードを使って特定の編集のみを許可したりする機能があります。また文書の保護はセクション単位で設定することができます。これらの機能を利用すると、多人数で一つの文書を編集する際に余計な変更を防ぐことができます。

編集の制限

文書に対する編集を制限するには以下の手順を行います。

  1. 「開発」タブをクリック
  2. 保護グループの「編集の制限」をクリック
  3. 書式設定と編集の制限ウィンドウの「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」にチェック
  4. 「はい、保護を開始します」ボタンをクリック
  5. 保護の開始ダイアログで「OK」ボタンをクリック

これで文書全体を読み取り専用に保護しました。保護を解除するには書式設定と編集の制限ウィンドウの「保護の中止」ボタンをクリックします。保護の開始ダイアログでパスワードを設定していた場合はパスワードの入力が求められます。

書式の制限

書式設定と編集の制限ウィンドウでは文書内で利用可能な書式を制限することができます。書式の制限が行われた文書ではフォントサイズの変更や文字の強調などができなくなり、許可されているスタイル以外は適用することができなくなります。書式の制限で使用可能なスタイルなどを設定は以下の手順で行います。

  1. 書式設定と編集の制限ウィンドウの「設定」をクリック
  2. 書式の制限ダイアログで「利用可能なスタイルを制限する」にチェック
  3. 必要に応じて設定を行い「OK」ボタンをクリック

あとは編集の制限と同じ手順で保護を開始すれば書式の制限が行われます。

セクション単位での保護

複数のセクションに分割されている文書の場合、セクション単位で文書が編集可能かどうかを設定することができます。セクション単位で文書を保護するには以下の手順を行います。

  1. 書式設定と編集の制限ウィンドウの「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」にチェック
  2. 編集の制限で「フォームへの入力」を選択
  3. セクションの選択をクリック
  4. セクションの保護ダイアログで保護したいセクションを設定して「OK」ボタンをクリック

あとは編集の制限と同じ手順で保護を開始すればセクション単位で編集の制限が行われます。

例外処理

文書に対する保護を行う場合、一部分だけ例外的に編集を許可することができます。例外処理を用いて文書の一部を編集できるように設定するには以下の手順を行います。

  1. 書式設定と編集の制限ウィンドウの「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」にチェック
  2. 編集の制限で「変更不可(読み取り専用)」を選択
  3. 文書内で例外的に編集を許可する範囲を選択
  4. グループ一覧の「すべてのユーザー」にチェック

あとは編集の制限と同じ手順で保護を開始すれば選択した範囲の編集を許可した状態で文書を保護できます。